ふるさと関東学院募金
関東学院からご支援のお願い
採用情報
取材・撮影のお申込み
関東学院卒業生の店舗情報サイト OliveMap
関東学院未来ビジョン

関東学院未来ビジョン

理事長 増田 日出雄

10年先の姿を描いた「関東学院未来ビジョン」

関東学院は、創立150周年を目指して学院の基本理念・教育像を示す「グランドデザイン」を策定しました。校訓「人になれ 奉仕せよ」の理念をベースにしたグランドデザインはこども園から大学まで全ての学校が共有する目的と使命です。
さらに、これを具現化するためにこども園から大学において、それぞれ10年後のあるべき姿を描いた未来ビジョンを策定し、「関東学院未来ビジョン」としてまとめました。
校訓、グランドデザインを引き継ぐ「関東学院未来ビジョン」では、関東学院らしさを極める施策、新しい関東学院を創る施策、様々な施策を実施しています。実施にあたっては理事会として支援を行い、「関東学院未来ビジョン」を学院改革の機軸として推進していきます。
理事長 増田 日出雄


学院長 小河 陽

「変えること」が目的の改革であってはならない

「関東学院未来ビジョン」には、関東学院の今後10年を考える未来ビジョンがいろいろな形で提示されています。
関東学院が目指す教育とは、校訓である「人になれ 奉仕せよ」に具体化されたキリスト教の精神と建学の精神を心に置きながら、自分で考えることのできる人間を育てることです。
10年後、15年後を正確に予測することは誰にもできませんが、だからこそ、基本的な考える力、自立できる力をつけ、変化への対応力を育てることが必要です。知識を詰め込むだけではなくて、その知識をどのように生かすことができるのかを念頭に置いた教育が必要だと考えています。
学院長 小河 陽